一流野球解説者・里崎智也『トークショーが押す』

元千葉ロッテマリーンズの里崎智也持ち前の明るい性格を武器にやり始めたトークショーがめちゃくちゃ楽しすぎて、毎回終了時間を押してしまう事を反省した。

一流野球解説者・砂糖・は現役時代は千葉ロッテマリーンズの正捕手として2度の日本一に貢献。第1回WBCではベストナインに輝くなど、世界一のキャッチャーと称された、元一流野球選手。

スポンサード リンク

そんな里崎智也の特徴は現役時代から試合後にライブをする等、とにかく目立ちたがり屋な性格。しかしそんな里崎智也は8年前から開催しているトークショーで毎回終了時間を大幅に押してしまっているという。

問題のトークショー。まずは楽しそうに歌いながら登場。2時間で終了予定のトークショーが、とにかく楽しそうに野球の話をし続け、とにかく自由気ままにしゃべり続け、2時間押しの合計4時間で終了。

更に2014年、引退後に開かれたトークショーでも、相変わらず楽しそうに1時間押しで終了。本人はとても満足の様子だが、球団関係者は「ファンは喜ぶが、スタッフは終電がなくなるし、予定がなくなった事はいっぱいある。」と愚痴をこぼしていた。

何故押すのか理由を本人に聞いてみると野球は終了時間は決まってなかったので、そこが長年染み付いた感覚で、誰かに迷惑をかけたと考えた事は無かったという。

スポンサードリンク

そんな里崎智也はトークショーの出来が良かった時は楽屋で更に1時間話してから帰るという。

現役時代より今が楽しい?

現役時代より今の方が100倍楽しい。

球団関係者から怒られない?

今まで不満を聞いた事がなく、今回初めて聞いた。スタッフが帰りたい雰囲気がよく分からず、トークショーが上手くいくと興奮しているので、その出来を皆で共有したい。

時計を見ないの?

時計は普段からつけているが見ることはない。

トークショーの為に努力していることは?

最近、ラジオのDJをはじめている。そのラジオの収録時間は3時間。人生コーナーがあるが、相談はだいたい野球に例えて回答している。

トークショーの歌はウケてるの?

自身も歌がそんなに上手いとは思ってはいない。

野球界で監督とかで復帰しないの?

そのつもりは勿論ある。但しCDデビューと監督だったらCDデビューを取る。監督はこれからの人生いつでも出来るがCDデビューは今しかない。

里崎智也の禊

スポンサード リンク

最終的に里崎智也の禊としてロッテファンじゃないファンの前でトークショーを行う事を言い渡された。あくまでも時間が押しても許されるのはロッテファンだらけだったからで、アウェーの雰囲気の中でトークショーを行ってもらうのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ