一流演歌歌手・北山たけし『ゆるキャラが役に立たない』

北山たけし今更ゆるキャラブームに乗っかり、自分の為にゆるキャラを作った。しかし、そのゆるキャラが全く役に立ってない事を反省した。

超一流演歌歌手・北島三郎の弟子を8年務めた後、30歳でデビューした北山たけし。2009年には北島三郎の二女と結婚。

スポンサード リンク

そんな北山たけしは今更ゆるキャラブームに乗っかり、自分の為にゆるキャラを作った。

2015-08-12_205413

それがこちら。その名も『こぶしまる』。身長2m、幅2.2mの巨体。しかし、このこぶしまるが迷惑ばかりかけ、全く役に立っていないという。

実際にこぶしまるの活動を見てみると、2ショット撮影希望の人を募っても誰も出て来ない。更に、喋れない設定なので北山たけしの登場まで立ったまま。お客もどうしたらいいか分からない。更に、エレベーターに乗らず移動も一苦労。スタッフも疲労困ぱい。

事務所の人はどう思っているか聞いてみると「設計ミスでかなり大きくなってしまったので、手間もかかるし、人件費もかかるし、大変困っている。」という。

ちなみに師匠・北島三郎には内緒で作った為、まだ知らないという。

ゆるキャラを作った理由は?

北山たけしはデビューからずっと北島三郎の名前・看板があったので、そろそろ北島三郎を卒業して、自分でしっかり歩かなければいけないと思い、自分を応援する為にゆるキャラを作った。

最初はネットで調べると30万円でゆるキャラが出来ると言われ、いざ作ってみたら結局総製作費は100万円かかった。

スポンサードリンク

そのお金・費用は所属レコード会社が出し、立て替えている状況である。

名前は全国から応募してもらって300通いただいた中から『こぶしまる』を選んだ。他にも『こぶっしー』と言った名前もあった。

デザインは自分で考えた?

北山たけし自身が考え、少し癒される様にと目も可愛らしくした。

役に立ってる?

これから、この番組で名前を売って、若い人たちにこぶしまるを通して、演歌に少しでも結びついてもらいたい。

北島三郎は知らない?

北島三郎はこのゆるキャラを作った事を知らず、こういったモノを作るのには反対する可能性は高い。

北島三郎から厳しい事言われる?

今は特にない。付き人を8年やってきたので、付き人時代は厳しかった。車の運転手から衣装の整理から365日ほぼ一緒。

今は奥さんと二人暮らし?

その辺は複雑で北島三郎の家である程度時間を過ごして、ある程度の時間になったら帰る。なので北山たけし中心というより北島三郎中心である。北島邸で夕食を食べ、北島三郎がお休みになってから皆バラバラになる。

それは嫌じゃないの?

若干嫌である。

なので、北山たけしは仕事に行く前にどのような仕事に行くかきちんと報告し、帰ったら帰宅もきちんと報告している。どんなに夜遅くになっても必ず1日1回は北島邸を訪れている。

北島三郎に逆らった事はあるの?

ほとんどないが、北島三郎コンサートでゲストで呼んでもらった時、北山たけしの衣装にダメ出しをされ、自分(北島三郎)の衣装を着る様に言われたが、サイズが全く合わなかったのでさすがに反抗した。

北山たけしの禊

スポンサード リンク

北山たけしは最終的にこぶしまるになって一日ゆるキャラ体験の禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ