一流フリーアナウンサー神田愛花『いちいちチクる』

元NHKアナウンサーの神田愛花スタッフのミスをツイッターでいちいちチクってしまい、スタッフを傷つけている事を反省した。

NHKのアナウンサーとしてニュース、バラエティ等、幅広い分野を担当。2012年にフリーになってからはニュース番組のMCやバラエティ番組で活躍している一流フリーアナウンサーの神田愛花。最近では一流子供の頃の貴乃花のモノマネ芸人のバナナマン日村勇紀と世間を賑わせている。

スポンサード リンク

そんな神田愛花はスタッフのミスをツイッターでいちいちチクっているという。

楽屋に台本が用意されていないだけで『むむ…。肝心の台本が珍しく楽屋に置かれてない。スタッフさん、お疲れかな?』とミスをチクリ。更に楽屋に弁当が用意されていなかっただけで『今日はまだ、楽屋にお弁当が届いてないみたいです♪って事は、きっと作り立てホヤホヤのお弁当が食べられますね。』と嫌味っぽくチクリ。楽屋にフリスクがあっただけで『なんだろう…。私臭かったのかなぁ…。なんか急に心配になった…。』とスタッフの心遣いをチクリ。

このように何かあるといちいちチクってしまう神田愛花。

スタッフはどう思っているのかアシスタントプロデューサーに聞くと、細かい事をつぶやくので、そのツイッターを見て結構凹む事があるという。

スポンサードリンク

他にもスマホの電池が切れそうと神田愛花がツイートした事によって、スタッフが慌てて、スマホの充電器を用意したエピソードもある。

本人に聞いてみると今起きている事をそのまま書いているジャーナリストみたいな視点で、誰かを責めているワケではないので、何がいけないのか分からないという。

ちなみに交際中のバナナ味にかけて楽屋のお菓子を全てバナナ味にした所、『私、ここまでバナナ好きじゃないよ!』とスタッフの洒落もバッサリとツイートされた。

NHK時代からこんな感じ?

NHK時代は個人の思っている事、考えてる事は一切表に出してはならないので、ツイッターをそもそもやってはいけない。なので、今はツイッター等のSNSをやっても大丈夫になってタガが外れている。

お弁当にお肉が入ってなかったとクレームを入れた?

これはクレーム。トンカツが有名なお店のお弁当だったのにあけたらトンカツが入ってなかった。だったら、そこのお弁当でなくても良いので文句をツイートしてみた。

但し、「これはダメ。」と言われたら大丈夫である。

神田愛花の禊

スポンサード リンク

最終的に神田愛花はスタッフ全員に手作り弁当を振る舞うという禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ