一流歌手Sowelu(ソエル)『どんどん過激』


Sowelu(ソエル)正統派シンガーとしてデビューしたにも関わらず、自分の本能を抑えられず、どんどん過激になっている事を反省した。

2002年、奇跡の歌声を持つ19歳と称されデビュー。その年にはあのCHEMISTRYらと共に2002年日韓ワールドカップのテーマソングを発売。その後も、月9ドラマの主題歌に抜擢されるなど正統派シンガーとして活躍する一流歌手Sowelu(ソエル)。

しかしデビュー8年目のある日、ブログで『みんなが抱いてくれている私のイメージと本当の私との距離にずっと戸惑いを感じていたの。』と書き込みがあり、この日を境にどんどん過激になっていく。

まずは、スタイルの良さを活かして下着のグラビアを披露。更にインタビューでは『基本的にドMなので手錠で縛られるのが好きです。』と過激発言。

2015-08-12_175400

更に芸能人がプライベートな写真を載せるインスタグラムでは何故か胸の谷間を強調した写真を多数アップ。

更に2015年1月のブログには『婚約者と年末にまさかの別れてしまって本当に胸をえぐられるような想いで…正直すごく辛い日々が続いているの。』とプライベートの重すぎる話を赤裸々に告白。

アーティストとして実績は十分なのに、何故そこまで過激な言動に走るのか、本人に聞いてみると「波乱万丈が大好きなんですよ私。平凡な生活が興味ない。自分自身結構エロくて、乳首を見せても全然平気。」と発言。更に「ドM」と言っていたにも関わらず「ドMの男を引っぱたいてみたい。」という。

少し、危ない香りがしてきた。

ちなみに前世は湖の湖畔で全裸でハープをひいていたという。

今日もセクシーな格好をしているが?

気付いたらどんどんどんどん露出度が激しくなってしまい、しまいには何がエロくてセクシーなのかワケ分からなくなってきた。

こんな格好しておいて、結構照れ屋・恥ずかしがり屋である。

手錠されるのが好きは本当?

自分がこんな事を言っていたのに自分で驚いている。但し、そういう願望はある。ハプニングが結構好き。

乳首を見せるのにも抵抗がないって本当?

デビューさせてもらった時に事務所スタッフから「ニューヨークに芸術を見に行ってきなさい。」と言われ、行ってきた。

そこで女性を見ると基本的にノーブラ。それが超カッコよくて、超クールだと感じた。日本人の女性にもこれぐらい大胆に行こうぜと提案しようと思って、日本でノーブラのまま電車に乗ったら、皆ガン見してきて、マネージャーから注意を受けた。

今、Sowelu(ソエル)は事務所に所属しないでフリーで活動していて、結構自由に自分のありのままを出している。

学生時代からセクシーなの?

高校時代に制服は結構透ける。透けるのが凄いエロいと思っていて、色物のブラとかわざと透ける様に付けて学校に通っていたら痴漢にあった。

今日とかも胸を強調した衣装を着ているが、胸を大きく見せるのが上手いだけ。

婚約者と別れたの?

大変だった。こういう辛い時こそ、音楽が力をくれるなと改めて思った。

Sowelu(ソエル)の禊

Sowelu(ソエル)は最終的に過激グラビア撮影の禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ