一流謎の美女・祥子『華丸を弄ぶ』

謎の美女・祥子あの超一流大物芸人博多華丸を弄び続けてきた事を反省した。

2015年3月、週刊ポストのグラビアに一切素性を明かさない、謎の美女として突如デビューした翔子。おじ様達のハートを鷲掴みにしている。その祥子があの博多華丸を弄んでいるという。

スポンサード リンク

事の発端は翔子のインタビュー記事に『好きなタイプは博多華丸さん。調教してみたいですね。』『華丸さん。私、丸みを帯びた顔が好きなんです。』『華丸さん。私色に染めたい。』と書かれていた。

このようにあらゆるメディアで華丸すきをアピール。

すると、さんま御殿で博多華丸と初共演。その時、博多大吉は翔子と博多華丸の間に挟まれワンクッション扱いされた。一方で博多華丸は翔子に興奮気味のご様子。

しかし、翔子の本心は「今勢いのある華丸さんの名前をチラつかせれば、便乗してテレビに出して頂けるんじゃないかと思っていたりはします。」とあまりにチープな作戦。

スポンサードリンク

と思っていたら、博多華丸・大吉の冠番組『ツボネタ』でゲストにまさかの祥子。収録後、2人きりで記念撮影。もはや博多華丸は祥子の虜である。

しかし、祥子の好みのタイプは海老蔵だという。

一番博多華丸のどこが良いの?

芋っぽい感じの人が好き。なんか土が似合う感じ。要は田舎臭い感じで、都会が大好きだけど馴染めないみたいな感じが良い。断然、大吉より華丸である。大吉よりは有吉弘行の方が好き。

今後はどうするの?

機会があればグラビアの仕事はこなしていきたいが、色んな仕事をやっていきたいなと思っていて、役者の勉強で東京に出て来たので、女優もしたいし、今回バラエティー番組にも出ているのでテレビの勉強もしたい。

祥子の禊

スポンサード リンク

祥子は最終的に博多華丸の大好物を福岡県・博多から持って来るという禊を言い渡された。ちなみに博多華丸の大好物は活きたイカである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ