一流グラビアアイドル・おのののか・池田愛恵里『売り子を踏み台にしてしまう』

おのののかと池田愛恵里ビールの売り子という肩書き踏み台にして、グラビアやDVDを出した途端、あっさりプロ野球を裏切ってしまった事を反省した。

おのののか22歳は東京ドームで熱狂的な巨人ファンを相手に一日最高400杯、32万円分のビールを売上げ話題になった。部屋着には勿論、巨人のユニフォームを愛用。好きな球団も巨人、好きな選手は巨人の阿部選手と杉内選手と語り、巨人ファンの絶大な支持を受け、2014年10月『ビールの売り子No.1ガール』としてセクシーなイメージDVDを発売。結果、発売前から予約が殺到。

スポンサード リンク

するとすぐに日曜お昼の生放送番組に出演。一流雑誌『プレイボーイ』で念願のグラビアデビュー。2015年にはCDデビューも決定するなど、『ビールの売り子』という肩書を踏み台にして仕事をゲット。

そこまではいいのだが、売れるや否やブログでの巨人に関する記事はたったの1件に激減。話を聞くと「プロ野球ってあんまり分からなくて、別に興味ない。」と語り、何とも見事な掌返し。

同じく池田愛恵里に至っては甲子園球場で1日最高487杯、約29万円分のビールを売上げ、熱狂的な阪神ファンを虜にした。彼女の部屋着勿論、阪神のユニフォーム。

ブログには『今期も一緒にタイガースを応援しましょう!』『ブラゼル選手が好きです!』と記し、やはり阪神ファンの絶大な支持を受け、かわいすぎるビールの売り子として見事に芸能界デビュー。

やはり彼女もセクシーなDVDを発売し、大ヒット。するとあっさりビールの売り子をやめてしまったのである。

スポンサードリンク

しかもなんと野球ファンだったにも関わらず、サッカーJリーグのセレッソ大阪の応援リポーターに就任。当然ブログの記事はサッカーに関する事ばかり60件。阪神の記事はたった1件になった。

本人に話を聞くと「私セレッソがもうめっちゃ好きになったんで。というか野球そもそもそんな好きじゃなかった。」と野球を裏切り、サッカーに鞍替えしたのである。

野球ファンの方々はどう思われるのだろうか。

おのののか>最初からグラビアデビューしたかったの?

そんな事はない。最初は売り子をやっていて、そこから関係なく芸能関係の仕事をする様になって、最近やり始めた、

池田愛恵里>野球そんなに好きじゃないの?

そんなに好きではない。でも甲子園球場は阪神ファンは皆仲間なので、阪神ファンと名乗っていた方がビールは売れる。その気持ちを利用と言うか踏み台にした形である。

おのののか>歌出すの?

おのののかは歌を出す事自体は把握していなくて、いきなりマネージャーから電話がかかってきて、「今週レコーディングがあるから。」と言われた。

池田愛恵里>今はサッカーが好きなの?

今はサッカーが大好きで、ビジネス的な意味ではなく本当に好き。サッカー選手に付き合うとかそういうのが目的ではない。

池田愛恵里>本当に世界一大好きなのは?

それは大根である。

ビールを沢山売る作戦やテクニックあるの?

おのののかは団体客を狙っていて、とにかくその中の幹事をいち早く見つけて、その人と仲良くなるという事をしていた。連絡先を渡してくるお客も沢山いるが、連絡交換は出来ない決まりになっているといってお断りしている。

スポンサード リンク

一方、池田愛恵里は一樽買ってくれたら連絡はするという。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ