一流タレント・浜口順子『文鳥を溺愛しすぎてしまう』

浜口順子彼氏よりも友達よりも仕事よりも文鳥を溺愛しすぎてしまう事を反省した。

2001年第2の榊原郁恵を選ぶ『ホリプロスカウトキャラバン』で見事グランプリを受賞。その後、バラエティー番組を中心に活躍するタレント浜口順子。

スポンサード リンク

最近あまり見掛けないと思ったら実は文鳥のムールちゃんに夢中になっていたのである。

Twitter(ツイッター)を観てみると『ムールちゃぁぁぁん!かわええ。』『はーぁムールちゃん ぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ』と、いつでもどこでもムールちゃんと一緒に過ごすという浜口順子。

ご飯を食べる時も片手にムールちゃんをのせて食べる。そしちぇムールちゃんの大好物という枝豆を口移し。更に、ムールちゃんでお口をお掃除。ついでに鼻の掃除。そして、あまりの可愛さに食べそうになる始末。

ちなみに浜口順子の大好物は焼き鳥だそう。

文鳥を可愛がるのに精一杯でお仕事出来ない?

もう、世の中の人に文鳥の素晴らしさを知ってもらいたい。まず凄い感情がある。枝豆をもらえなかった時は悲しそうな顔をする。

スポンサードリンク

鼻くそ食べさせるの?

それは違う。ムールちゃんは穴にすごい興味がある。

文鳥は頭に糞してくるが?

確かに糞は文鳥はすごいまき散らす。

最近どう?仕事は?

地元が大阪なので、関西ローカルの番組を中心に出演している。

東京に住んでるの?

大阪で仕事は多いが在住は東京。この東京からわざわざ大阪まで仕事に行く感じが良い。その東京からの空気を関西に運んでいる。

どうしたいの?

正直、迷走はしている。

ホリプロスカウトキャラバンのグランプリの受賞者は凄くて、初代の榊原郁恵に始まり、井森美幸・山瀬まみ・深田恭子と続いて、浜口順子の1つ上の代が綾瀬はるか。そして、浜口順子を挟んで次が石原さとみである。

だからこそ浜口順子の1年は奇跡の1年と言われている。

大阪では本当に受け入れられている?

受け入れられていると思う。

浜口順子の禊

スポンサード リンク

浜口順子は最終的に文鳥ムールちゃんの大好物である最高級枝豆を山奥まで取りに行く禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ