一流タレント・小池里奈『何年経っても10周年』

小池里奈毎年毎年デビュー10周年と言い続け、10周年にまつわる仕事をゲットしている事を反省した。

カリスマジュニアアイドルとして人気を集め、グラビアやバラエティー番組などで活躍するタレント小池里奈。その天使の様な笑顔と裏腹にセクシーなスタイルでファンのハートを鷲掴み。

スポンサード リンク

そんな小池里奈は2011年『スカウトされてから10年目なんです。』とデビューから10年をアピールした結果、ちょうど10周年を迎えた人気リズムゲーム『太鼓の達人』の応援キャラクターに決定。

ところがその2年後の2013年、通算11冊目となる写真集を発売した際に、『今年芸歴10周年なんです。』と2年も経ったはずなのに、ここでも10周年をアピール。

翌2014年、さすがに10周年は終わったと思いきや『芸能生活を始めてちょうど10周年になりました。』とここでもキリの良い10周年をアピールし、縁起の良いイベントのお仕事をゲット。

スポンサードリンク

更に2014年6月、女子中学生専門のグラビア雑誌『Cho→boh』の10周年記念号で当時20歳の小池里奈が表紙に大抜擢。その付録DVDでも『10周年』アピール。

本人に真相を聞いてみると「なんか同じ方が親近感湧くかなと思って、10周年というキャッチーなキーワードをお借りしたって感じ。長い10周年でしたね。」と語り、悪びれる様子は一切なし。

ちなみに、小池里奈は自分自身でも何年目か理解していないようだった。

本当は何年なの?

本当は2014年の段階で恐らく10年。ちなみに2014年で21歳、デビューは9歳か10歳の頃である。

小池里奈的には色んな所を起点にして数えて10周年なので嘘は言っていない。

ファンの人から指摘されないの?

誰にも言われた事はない。

10周年はそんなに仕事が来るの?

スポンサード リンク

10周年は区切りが良いので縁起が良い。11周年より10周年の方が響きが良い。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ