一流グラビアアイドル・紗綾『ブログが質問だらけ』

グラビアアイドルの紗綾ブログでファンの皆からのコメントを増やしたい一心で意図的に質問ばかりしている事を反省した。

2005年、わずか11歳の小学校5年生でグラビアデビュー。その後も順調に成長し、セクシーボディを武器に活躍。2014年9月には流行しているデング熱に感染し、世間の話題を集めた。

スポンサード リンク

そんな紗綾のブログが質問だらけだという。問題のブログを確認してみると『今日雪すごかった!カイロ何枚貼ったと思う?』と、実にどうでもいい質問。

他にも『みんなは1000mlの牛乳、ストローで飲む?』『明日は高校の卒業式。私泣くかな?』『皆さん夏の思い出は作れましたか?花火は見た?海や川は行った?バーベキューした?実家に帰った?』などなど。

一体どういう事なのか本人に聞くと「やはり最ファンからのコメント数が減ってきている時があったので、コメントを増やしたい一心でこのような質問をしている。」という。

確かにブログに数多くのコメントが寄せられる事は人気アイドルの証。そこで質問するとコメントし易くないかと考えている。

その狙い通り、紗綾のブログにはファンから熱心なコメントが届く。にも関わらず、その後、ファンに対する返事は一切なし。

紗綾いわく全ては自己満足。ただ、自分の性格の悪さに気付き、申し訳なくは思っているという。

ちなみに過去最多のコメント数を記録したのはデング熱による入院で、ブログをお休みしていた時だそう。

デング熱が一番でしょう?

デング熱にかかった時が一番アクセス数が上がった。

結構言われたんじゃない?売名って?

かなり言われた。紗綾を検索しようとすると検索エンジンに『紗綾 デング熱 売名』と予測変換される。

スポンサードリンク

但し、ブログのコメント数も上がって、アクセス数も上がって、グラビアアイドルのブログランキングでも60位から一時期2位とかにいったんで嬉しい事は嬉しかった。

今はだんだん冷めてきて下がりつつある。

デング熱はどうなるの?

とにかく蚊にめちゃくちゃさされて、その1週間後くらいに高熱がぐわっと出る。最初は38.8度位で、夜中の3時に目が覚めると汗がびっしょりになっていた。寒くて、羽毛布団にくるまり、熱を測ったら40.3度もあった。人間は42度いったら危ないと言われるので、「これは危険。」と思い、マネージャーにすぐ報告して、一晩あけて病院に行った。

すると、普通の病院ではまだデング熱の報道が出ていなかったので、原因不明と診断され、とりあえず風邪で対処され、風邪薬をもらって帰った。

しかし3~4日薬を飲んでも熱が下がらなかった時にデング熱のニュースが流れだして、ブログのコメントとかから『デング熱じゃない?』と言われ、自分で調べてみた。すると調べた情報と自分に出ている症状が合致していて、デング熱だと分かり大きな病院に向かった。

その時は受付の時点で「あの、私、デング熱っぽいんですけど。」と伝えた。そうするとすぐ診察室に呼ばれ、デング熱は治りかけが一番危険らしく、デングショックというのがあり、デングショックになると入院してないと本当に危険なのだという。

病室で寝て、テレビ観ていたら『デング熱に感染したタレントの紗綾さんが~』という報道が出て、知らなかったので驚いた。

Yahoo!トピックスも急上昇ワードに何回も上がって、そのトピックス一覧でも3個位自分の名前があって「これスゴイナ。」と思ったという。

デング熱に感染した事がきっかけでもらった嬉しかった仕事は?

もうこの有吉反省会という番組が嬉しい。

紗綾の禊

スポンサード リンク

紗綾は最終的にファンからの質問大会を開催し、誠実に答え続けるという禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ