超一流歌手・美川憲一『服にこだわりすぎ』

美川憲一美川っぽい服にこだわり過ぎるあまり、周りの人に多大なる迷惑をかけている事を反省した。

代表曲『さそり座の女』をはじめ、数々のヒット曲で知られる歌手・美川憲一。

スポンサード リンク

美川憲一のトレードマークと言えば派手な衣装。いつでギラギラ・ゴテゴテ。手ビュー50周年『おだまり劇場』でも派手派手。

そんな美川憲一は服へのこだわりをプライベートでも貫くあまり、周りの方々に迷惑をかけまくっているらしい。

そこで美川憲一の休日に密着。この日は渋谷のマルイでお買い物。その買い物に付き合っていたのは美川憲一の衣装を担当している2人の男性。見た所、美川憲一ではないシンプルな洋服をチョイスし購入。

2015-08-17_155641

しかし、そのシンプルな服を衣装担当にデコレーションする様に依頼。出来上がりはお花の刺繍とスパンコールできらびやかなデザインに変わった。美川憲一の手にかかるとシンプルだった服がこんなド派手に大変身してしまうのである。

いささかこだわり過ぎかと思うが、美川憲一いわく「それはしょうがない。子供の時からこだわりを持ってきているから。」という。

スポンサードリンク

ちなみにこれはステージ衣装ではなく、完全な私服である。

私服凄いけど?

本当に手が込んでいるので、大変だけど、一応タダで作ってもらっているワケではなく、きちんとお金は支払っている。

美川憲一自身は何もしないの?

文句だけ言う感じ。ダメだった場合、やり直しはしてもらっている。

洋服へのこだわりは子供の頃から?

小学校の頃からで、その時はお坊ちゃんらしい生活を送っていたのもあった。ベーゴマとかキャッチボールとかはそのこだわりの洋服が汚れるからやらなかった。

それで美川憲一の母からは「坊や。」と呼ばれていたが、母親から「今日は銀ブラ行こうか?」と言われ、銀座ぶらぶらして、お金を持って、好きな洋服を購入していた。

だから綺麗な物を見せて、綺麗な服を着せてという育て方だったのである。

年間の衣装代はいくら?

沢山仕事をしている時は衣装代だけで1億円以上かかっている。

美川憲一の禊

2015-08-17_162230

スポンサード リンク

美川憲一は最終的に蛭子能収は着ている風の服に着替える禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ