一流バラドル・山川恵里佳『夫婦喧嘩のネタがない』

山川恵里佳恐妻家として夫である芸人・おさるの文句を言って、夫婦喧嘩をネタに数々のテレビで共演してきたが、最近喧嘩のネタが尽きてきた事を反省した。

1998年、ミスヤングマガジンで特別賞を受賞して芸能界デビューした山川恵里佳。2007年には14歳年上のおさると結婚。

スポンサード リンク

しかし、テレビでは定番とも言える恐妻キャラになった。更に「ちょっと離婚も考えている。」と極端な発言まで飛び出す始末。

そこで実際に家庭での様子を撮影してみると、期待している様な夫婦喧嘩はなく、とても楽しそうである。各局バラエティー番組スタッフの皆さま、これがおさる家の本当の姿である。

スポンサードリンク

もう喧嘩ネタはないの?

おさるはパパとしても旦那としても120点である。高得点だが、芸人としては右肩下がりの人間なので問題。

そして、この右肩下がりの原因を作ったのが山川恵里佳自身で、結婚する前はお酒飲むと破天荒な人だったので、そのネタが多かった。朝まで飲んでそのまま仕事に行くのは当たり前だし、後輩のオジオンズボーン篠宮暁と飲んでいる時に色々ハプニングがあり、芸人としては最高のネタの宝庫だった。

スポンサード リンク

しかし山川恵里佳がおさるに「人間ってそうじゃないよね。お酒って飲まれたらいけないよね。」みたいな事を刷り込み過ぎてしまって、一切飲まなくなってしまった。そうなるとそういう面白エピソードがなくなってしまうのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ