一流歌手・晃月さなえ・晃月れいな『母が売れたい』

親子ユニットDNAの晃月さなえ自分が売れたいばっかりに娘(晃月れいか)を巻き込んでしまった事を反省した。

2014年9月親子デュオ『DNA』としてデビューした晃月さなえ・晃月れいか。親子でデビューし、微笑ましいと思いきや、それは母・さなえが売れる為の手段にしかすぎなかった。

スポンサード リンク

1996年歌手デビューした晃月さなえ。しかし、パッとせず。2年後には芸能界からは身を引き、細々とライブ活動をしていた。

そこで、娘・れいかの許可なく、親子デュオを考え、売り込み、デビューにこぎ着けたのである。

晃月れいかいわく母・さなえからは「決まったからもう逃げられないよ。」と言われたという。

スポンサードリンク

シングル発表のポスターは母・さなえオンリー。デビューイベントの取材では、娘そっちのけで下品な発言をし、注目を集める。とにかく娘・れいかより自分の事ばっかりなのである。

更にデビューシングルのカップリング曲は母・さなえのソロ曲である。

娘・れいかはいいの?お母さんとやって?

有無を言わせてくれないので、例えば衣装、そして母と出掛ける時の洋服も全部決められる。

娘・れいかは恋愛しないの?

母・さなえいわく、恋愛をするとそれしか見えなくなるからダメ。DNAは恋愛禁止。但し、娘・れいかの年齢は25歳でそこそこいっている。

息子がマネージャーしているの?

スポンサード リンク

母・さなえいわく息子マネージャー人前の仕事現場でも「母ちゃん。」と呼ぶから嫌だという。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ