一流俳優・阿藤快『常に口が開く』

阿藤快いつでもどこでも口が開いている事を反省した。

1972年に俳優デビュー。当時は悪役俳優として数々の映画やドラマに出演。そして現在、「なんだかなぁ。」で芸能界のトップを走り続ける阿藤快。

スポンサード リンク

そんな阿藤快はいつでもどこでも口が開いているという。

「何かの間違いでは?」そんな思いを抱きつつ、公式ホームページを覗いてみると、そこにはお口オープンの阿藤快の写真が。更にグルメ本の表紙でもお口オープン。ロケ先で撮影したスナップ写真も一人だけお口オープン。調べても調べてもお口オープンの写真しか出て来ない。

写真に限らず、街ブラロケでもお口オープン。戦国時代の武将として出演した映画でもひたすらお口オープンなのである。

本人はどう思っているのか聞いてみると「意識はしてないよ。意識はしてないけどそうだね。いつもそうだと思う。」という。

口が開いている事で誰かに迷惑をかけた事はないが、虫が口の中に入った事はあるそう。

スポンサードリンク

ちなみに番組の打ち合わせでも1時間口が閉じる事は無かった。

笑っている時と普通の2パターンあるね?

昔、阿藤快は悪役をやっていたので、黙っていると怖い。旅番組やる時はあれじゃあ仕方ないという理由で口を開けているんだと思う。

誰かに迷惑をかけていない?

セリフを言うと口が開いていると唾が飛ぶ。一度一回シャワーみたいになって迷惑をかけた事なるある。

口を閉じる事は出来る?

当たり前でしょう。

困ったら「なんだかなぁ。」を言ってない?

スタッフから「なんだかなぁ。」をやる様に要求される。

あれはどういう感情なの?

「なんだかなぁ。」は怒るとかでもないけど、困ったという時に使っている。

バラエティー番組の時は使い方が違う?

嬉しそうな「なんだかなぁ。」とか本来の使い方と違う使い方をしている事がある。喜怒哀楽全てのバージョンの「なんだかなぁ。」がある。

阿藤快の禊

スポンサード リンク

阿藤快は最終的に口が開いているの注意しても仕方がないという事で禊なしとなった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ