元祖グラビアクイーン・かとうれいこ『ブランク長過ぎ』

元グラビアアイドルかとうれいこ2012年11年ぶりに芸能界に本格復帰したが、ブランクが開きすぎた為に今の芸能界にいまいちついていけない事を反省した。

抜群のスタイルで一世を風靡した元祖グラビアクイーンかとうれいこ。その愛くるしい笑顔で当時のレギュラー番組7本の超売れっ子。2001年にプロゴルファー横尾要と結婚を機に惜しまれつつ芸能界を引退。

スポンサード リンク

その後、育児が落ち着いた事で11年ぶりに芸能界に本格復帰した。しかし、ブランクが埋められず、今の芸能界に付いて行けないという。

まず驚いたのはスタッフが皆年下になっていた事。

また、最近の芸能界では暴露話をやたらと欲しがる番組が多く、かとうれいこもリクエストに応え、過去の暴露をしたが、ナイナイの岡村隆史が登場するワンエピソードの使い回し。

更に今の芸能界には大御所にも物怖じしない『毒舌おバカキャラ』や収録中にあくびをする『天然常識外れキャラ』など、個性的なキャラクターが重宝されている現状について時代が変わったと感じ、ドキッとするという。

ちなみにブランクが開きすぎた事でマネージャーにも被害があり、「どうしても日テレで仕事となると麹町(旧社屋)の方に行ってしまう。」という。

スポンサードリンク

そんなかとうれいこは今もっともやりたい仕事は旅番組のナレーションだという。

11年ぶりだと戸惑うよね?

本当にスタッフの人が年下。番組MCの方が若かったりもするので抵抗がある。

おバカキャラ。毒舌キャラは信じられない?

ちょうど同じ番組を収録していて、あくびしていたり、「お腹空いちゃった。」とか言っていて、すごい驚いて、「今はこんな事言えるのか…」と思ってしまった。

グラビアのオファーきたらどうなの?

今の時代は平気でアイドルの子が水着で歌ったり、踊ったりしているので、あれを見ているとドッキリする。

趣味について悩みがあるとか?

結構趣味はあって、ヨガ、フラダンス、ゴルフ、資格はハンドケアセラピストとか、ハーブティーソムリエ、習字もやっていたり、色々している。

そのような趣味が仕事で活かせていないのが悩みである。

ナレーションがしたいの?

結構、世界の旅番組とかが結構好きで、そのナレーションをしながら、自分も旅に行っている様な気分に浸りたい。

かとうれいこの禊

スポンサード リンク

かとうれいこは最終的に鈴木奈々の付き人になって今の芸能界を学ぶという禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ