超一流漫画家・いがらしゆみこ『64歳なのに少女漫画のヒロイン』

少女漫画家のいがらしゆみこ64歳にも関わらず少女漫画のヒロインの様にブリブリな格好をしてしまい、読者の夢を壊してしまった事を反省した。

1970年代大ヒットした『キャンディ♡キャンディ』をはじめ、数々の少女漫画を世に送り出した漫画家いがらしゆみこ。

スポンサード リンク

2015-08-16_012124

当時は表に出る事はなく、漫画の世界とは真逆の地味な姿。しかし最近はまるで少女漫画のヒロインの様な衣装を着ているのである。

通常64歳と言えば女優・市毛良枝の様な落ち着いた大人のイメージ。ところがいがらしゆみこは水玉フリフリ衣装。

更に、キャラクター満載の派手な衣装に猫耳を付けている。

気付いているかもしれないが、いがらしゆみこはハリセンボンの春菜に似ている・酷似。

スポンサードリンク

実際に、いがらしゆみこを会い、何故このような格好・服装をしているのか理由を聞いてみると「一生乙女でいたいからかなぁ。10代20代は乙女で亜当たり前で、ここまできたら頑張って乙女をやる。」といったコメント。

そんないがらしゆみこの趣味は若いコスプレ友達との写真撮影会。

しかし、読者の人達には『子供の頃の夢を壊さないで~!』『マンガの絵柄と実物に差がある!』とかなり不評の様である。

自分では似合っていると思うの?

当たり前。褒められるとドキドキする。

ハリセンボン近藤春菜に似ている?

だから、娘にも似ていると言われショックというよりかは嬉しいし、喜んでいる。

結婚はしているの?

バツイチ。

好きな男性のタイプは?

バカリズムの様な王子様の服装が似合うタイプが好きである。

いがらしゆみこの禊

2015-08-16_014235

スポンサード リンク

いがらしゆみこは最終的に『渡る世間は鬼ばかり』の好楽の衣装に着替え、門野卓三の様になる禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ