一流声優・大亀あすか『声優なのに麻雀づけ』

声優の大亀あすか清純で可愛い役が多いにも関わらず、麻雀にハマりすぎ、ファンの方々をがっかりさせてしまった事を反省した。

2009年にデビュー以降、愛くるしい声で数々の話題アニメに出演した声優・大亀あすか。清楚で可愛らしい役柄とは裏腹に麻雀づけの日々を送っているという。

スポンサード リンク

ことの発端は2年前、麻雀部の高校生役を演じた大亀あすか。キャラクター達は「ポン」とか「チー」とか言っていて、その意味がよくわからなかったので勉強したという。

役作りの為、雀荘に通い詰めた結果、2014年10月になんとプロ雀士の資格を取得。現在では週5で雀荘に通い、見知らぬオジサマ方と対戦。

アニメでは可愛らしい感じだが、麻雀では舌打ち。

自宅には自腹で購入したという30万円の全自動麻雀卓。1人4役をこなし麻雀のシミュレーションを行う毎日。

Twitter(ツイッター)でも『はぁ…麻雀したい…』『右手がうずくっ…!』『最後の最後で四暗刻ツモ♡』と書き込む。

スポンサードリンク

これに対しファンは『もっと声優の仕事やってほしい』『もう、好きにすればいい…』とご不満のよう。

大亀あすかに話を聞くと「勿論、声優の仕事もするが、サクッと終わらせて、麻雀する。」という。

ちなみに週末は麻雀大会がある為、声優の仕事は基本的にNGだそう。

麻雀の魅力は?

麻雀は人とコミュニケーションをとる必要がないので好き。大亀あすかは麻雀のイメージで売っていている。

声は作っているの?

普段からこんな感じ。麻雀の時は気持ち的に真剣モードになってしまうので、特別低くなってしまう。

雀荘のタバコは喉に悪くない?

タバコのニオイは気になるが、大亀あすかは休みの日とかはスロットに行ったりするので、そこまで気にはならない。パチンコもするが、競輪・競馬はまだ手を出していない。

大亀あすかの禊

スポンサード リンク

大亀あすかは最終的に人生初の雀荘セクシーグラビアの撮影の禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ