一流タレント・水野裕子『中身が男すぎ』

水野裕子実は中身が完全に男になってしまい、結婚出来ないでいる事を反省した。

1998年16歳の時にグラビアデビュー。持ち前の運動神経を活かしてスポーツ番組で大活躍する水野裕子。

スポンサード リンク

現在は32歳になり、取り残され感が半端ないので結婚したいのだという。

結婚出来ない悩みを相談したり、婚活女子としてバラエティー界で活躍している。

しかし、結婚したいはずなのに実は中身が完全に男になっているというのである。

Twitter(ツイッター)で衝撃的な姿を発見。鍛えすぎた体は今や格闘家の様なカッチカチボディに。自宅にカメラを設置すると、肩がいかつすぎて、薄着でも全くセクシーに見えない上半身。男性用下着であぐら。大好きな漫画『ワンピース』に没頭。笑うと浮き出る筋肉の筋。

ポケットに手をつっこみながらやって来たのは趣味のバッティングセンター。ただただガチなバッティング。食事に行けば必ず超大盛のライスを注文し、ひたすらかきこみ、あっという間に完食。

スポンサードリンク

恋人が出来ない理由を本人に聞いても全く自覚していない。既に彼氏いない歴は5年。そろそろ原因を自覚した方が良い。

筋肉凄いね?

特別何かしているワケではない。ジムも通っていないし、家でやっている事と言えば、お腹まわりに肉は付けたくないのでフラフープをやる位。だからナチュラルに筋肉が付いているのである。

周りは女子として見る?

全然見てくれない。男性ホルモンが過剰分泌するのでヒゲとか体毛が気になるという。

好きな人は?

好きな人が出来ても、この歳になると、それなりに既にお相手がいたりする。そうするともう一切アプローチする事が出来ない。

そもそも好きな人・気になる人が出来ても女性扱いしてもらえない。

水野裕子の禊

スポンサード リンク

水野裕子は最終的に女性ホルモンを分泌させる為、セクシーグラビアを撮影の禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ