一流読者モデル・石川恋『本当は真面目』

石川恋ベストセラー小説の表紙モデルになって以来、ビリギャルとして沢山の仕事をゲットしたが、本当はビリでもギャルでもなく、真面目な事を反省した。

発行部数60万部の大ヒットを記録したベストセラー小説通称『ビリギャル』。勉強の出来ないギャルがカリスマ塾講師と出会い、1年で慶應大学に合格した実話を基にした物語。そのイメージモデルとして表紙を飾り、一躍有名になった石川恋21歳。

スポンサード リンク

『ビリギャル』キャラでバラエティーにも進出。数々の雑誌でグラビアも披露。しかし、その見た目で本当は真面目だというのである。

2015-08-13_212811

その証拠に高校時代はギャルの欠片もない真面目で純朴そうな姿。3年間真面目にチアリーディング部で活躍し、成績はと言えば学年2位の秀才で偏差値はなんと77.2。話を聞くとクラスで3番以内には絶対に入っていた。

成績優良者として表彰される程の優等生。現在は某一流大学でグローバル・コミュニケーションを専攻する真面目な女子大生。日米の少子高齢化問題を研究し、徹夜する事もある。

スポンサードリンク

石川恋によると「キャラがギャルって決められちゃったから、真似してやっただけで、中身はそんなにギャルじゃない。でも乗っからないと消えちゃうから…」という。かなり無理をしているよう。

作者だと思っていたけど?

だからそうやってカバーモデルをやっていた石川恋と言わないと、皆分かってくれない。

芸能界に執着心ある?

モデルとしての夢を叶えたいというのがあって、東京ガールズコレクションに出たい。

ギャルの格好でなく黒髪にして普通のモデルの仕事したい?

でも、2014年の仕事も全部ビリギャル関連のものが多く、寝る時以外はカラコンつけて「自分はギャル」と暗示をかけていた。ただ、そもそもギャルって何なのかが分かっていない。

事務所の人がギャルでまだやってみようと言うの?

そう。金髪もまだ行こうと推してくる。

石川恋の禊

2015-08-13_213917

スポンサード リンク

石川恋は最終的に黒髪に染めて出直す禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ