一流空手家・角田信朗『叫んで近所迷惑』

空手家・角田信朗平日の昼間からでかい声で叫び過ぎて近所迷惑になっている事を反省した。

角田信朗54歳はK-1ファイターとして日本の格闘技界を支えたミスター空手家。2003年の引退後は歌手活動に役者業、作業服のプロデュースなど多方面で活躍。

スポンサード リンク

しかし、そんな角田信朗がある場所で叫び過ぎて、近所が迷惑している。

そこは地元住民が行きかう、大阪府・淀川区ののどかな商店街。すると、「アァー!!」と平日の昼間から聞いた事のない奇声が聞こえる。

恐る恐る声のする建物に入ってみると、角田信朗がそこにはいた。筋トレする時に出る叫び声が近所中に鳴り響いている。

そして二軒隣のお寿司屋さんでも「ずっとああいう風に聞こえている。家にいたらもっと聞こえるので、事件でもあったんちゃうか思ってしまう。」という声が聞けた。お店の裏口の扉を開けてみると叫び声が物凄く聞こえる。

確かに、裏拳で氷を割るなど、このような荒技の習得にはトレーニングが必要だろうが、騒音問題になっている事を本人に伝えると「こんなん(ダンベル)黙って挙げられまへんやろ?おかしいでしょ。こんなん黙ってやっていたら。」と反省の気配は全くない。

スポンサードリンク

ちなみに引退して12年。今が筋肉の調子は一番良いそう。

ご近所トラブルだよね?

ただね、人間の潜在能力をどれだけ引き出せるかのトレーニングなので仕方ない。このトレーニングしていると、誰かと競うワケではないので、外に向かう必要無くなってくる。トレーニングというよりは業である。

この体相当モテる?

何か言ってくる人は筋肉目当ての人が多い。

アメリカとかでゲイに勘違いされない?

やはりウインクとかはされる。

自分の筋肉が好きでたまらないの?

言っても60~70歳で衰えていくというものに対しては、自分の中で怖さはあるので、一番良いコンディションを残しておこうという事で、3Dプリンターでフィギュアを作った。

今の本業は?

今は役者としての仕事に重きを置いているが、2000年から東京で色んなお仕事させてもらい、大阪に戻ったが、大阪戻っても仕事引く手あまただろうと思っていたら、大阪の椅子は円広志と月亭八光が全部座っていた。

目標にしているところはどこ?

役者もやって歌も歌う福山雅治の様になりたい。

角田信朗の禊

スポンサード リンク

角田信朗は最終的に迷惑をかけているお寿司屋さんで力仕事の禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ