元祖グラビアクイーン・武田久美子『貝殻が好き過ぎる』

武田久美子今(2014年)から25年前に発売した写真集で話題になった貝殻ビキニを未だに引きずって、今でも貝殻が好き過ぎる事を反省した。

1982年、当時13歳の時に映画「ハイティーンブギ」で女優デビュー。その後、グラビアアイドルに転身した元祖グラビアクイーン・武田久美子。

スポンサード リンク

そして、武田久美子が当時21歳の時に誕生した伝説の写真が貝殻ビキニ。

世間の注目を集め、写真集の売り上げは30万分の大ヒットとなった。

そんな武田久美子は、写真集発売から25年経った今も貝殻にどっぷりハマっているという。

スポンサードリンク

アメリカ・サンディエゴの自宅を見てみると、リビングのテーブルに貝殻。ダイニングテーブルにも貝殻。本棚には14個もの貝殻。更に貝殻のシャンデリアやライトなど、貝殻だらけ。更に毎晩の晩酌のお供は、あさりとコチュジャンを混ぜた貝料理。お寿司屋さんに行った時は、一品目は必ずミル貝を注文。

そんな武田久美子にとって、貝とは友達でありモチーフ。

自分のブランドのような気がしてしまっていて、貝殻の物を見ると素通りが出来ない。

しかし、つい先日13年間を共にしたアメリカ人の夫との離婚を発表。国際結婚は貝殻のようにピッタリとはいかなかったようだ。

スポンサード リンク

ちなみに、武田久美子は非常に美意識が高く、出産の時も難産で、しかめっ面をした時に顔にしシワが出来ないようにオリーブオイルを顔に塗りたぐっていた事を明かした。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ