一流女優・渡辺美奈代・何でも374

渡辺美奈代名前の語呂合わせである「374」という数字を、ところかまわずアピールしている事を反省した。

1985年におニャン子クラブの会員番号29番として、芸能界デビュー。ソロデビューから5曲連続して初登場1位獲得という、当時の新記録を樹立。おニャン子クラブ解散後は、女優や主婦タレントとして活躍。

スポンサード リンク

そんな渡辺美奈代が名前の語呂合わせ、「美奈代:374」を猛アピールしているという。

自身がプロデュースするインテリアショップの名前が「374」。

ネイルサロンの電話番号も「374」。

アパレルブランドのロゴも「374」。

更に渡辺美奈代のブログを見てみると、オムライスに「374」とケチャップで書き込む。

スポンサードリンク

ところが、本人に話を伺うと、自分が無理やりこの数字をゴリ押ししているワケではなく「374」の方から自分に寄ってくるのだという。

確かに領収書を見ると、偶然「3740円」と「374」が記されている。

歩数計も偶然「10374歩」と「374」が記されている。

下駄箱も偶然「3740番」で「374」が記されている。

そして料理本に載っているコツも「374の法則」と書かれている。

あくまでも全て偶然なのだという。

そもそもの「374」が寄ってきたきっかけ・スタートは10年ほど前に、車を購入するのに、車屋が丁寧に「374」が記載されたナンバープレートを持ってきてくれた事だったという。

スポンサード リンク

結局、「渡辺三七四」に改名するという、禊を言い渡された。当分、この名前で芸能活動を行うという。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ