元一流子役・子供タレント・細山貴嶺・宇野なおみ『イメージが変わり過ぎ』

『世界一受けたい授業』でぽっちゃり子供タレントだった細山貴嶺と『渡る世間は鬼ばかり』で子役・加津ちゃんを演じていた宇野なおみ子供の頃は真面目なキャラだったにも関わらず、イメージが変わりすぎて周囲をザワつかせてしまっている事を反省した。

9歳から『世界一受けたい授業』で小学生タレントとして活躍し、サスペンダーと蝶ネクタイがトレードマークの元一流ぽっちゃり子供タレント細山貴嶺。そして1999年、9歳の時に国民的ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』に加津ちゃん役で出演した元一流演技派子役の宇野なおみ。そんな2人が大人になり、イメージが変わりすぎて周囲をザワつかせているという。

スポンサード リンク

2015-07-13_132235

 

2015-07-13_132336

 

細山貴嶺はピーク時の体重が108kg。まるまるとした癒しキャラだったのに、ダイエットに成功し、ギラギラとした金髪のイケメンに。ちなみに現在の体重は60kgになった。一方で宇野なおみは純朴な加津ちゃんだったのに、巻き髪が似合うセクシーな女になった。

2人の豹変ぶりにネットでは「ただのチャラい大学生じゃん!!」「整形してるんじゃない?」とザワザワ。

スポンサードリンク

そんな2人のブログを見てみると、細山貴嶺は大学のお仲間にサプライズで開いてもらった生誕祭の記事や長野の牧場で趣味の乗馬を楽しむ様子等、リア充感たっぷり。

一方、宇野なおみは大人っぽい自撮り写真を掲載。知的な秘書風、遊び慣れたギャル風。

2人の休日の過ごし方は、宇野なおみは麻布十番にある行きつけのサロンへ。この日は顔のむくみをとるフェイシャルマッサージ、女子力アップの為には時間を惜しまない。一方細山貴嶺は得意の英語をたくみに使い、外国人のお友達とディナー。そして週に2回はサークルの飲み会。鉄板ネタは『ミドリムシ』のモノマネ。

ちなみに細山貴嶺は慶応義塾大学在学中、宇野なおみは早稲田大学卒業という高学歴である。

細山貴嶺は何故痩せた?

昔、細山貴嶺はカツ丼やカルボナーラを5食食べていたが、今はそれを3食に変えたら普通に痩せた。毎日楽しくてウェイウェイしている。

細山貴嶺 英語が凄いの?

英検1級を持っている。

細山貴嶺 モテる?チャラい?

それが全然モテない。女性にも全然相手にされていない。本当にピュアである。

宇野なおみ 何がどうなってこうなった?

『渡る世間は鬼ばかり』はすっぴんで化粧しない役だったので、ある日メイクを始めたらハマってこのザマになった。

宇野なおみ 泉ピン子とは仲良いの?

泉ピン子は大先輩だったので芝居に関して叱られる事がすごく多かった。未だに定期的にドラマの役者・スタッフのパーティーが開かれ、会う事も多い。その際に、スタッフに気づいてもらえない事がある。

宇野なおみ 彼氏はいるの?

彼氏はいなくて、これまで出来たこともない。

細山貴嶺・宇野なおみの禊

スポンサード リンク

最終的に細山貴嶺・宇野なおみは『世界一受けたい授業』でお世話になった名物先生に2人で謝りに行く禊を言い渡された。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ